2020年12月24日木曜日

2020年のクリスマスチキン

 今年も例年どおり、地元のホテルのクリスマスチキンを注文。

ケンタッキーなどのファストフードに比べると少々お値段は張るのだが、子どもたちがまだ小さな頃からの慣習化している。年金生活になるまでの、定収入があるうちは継続しておくのかな、と思っている。無駄な慣習も、精神的な安定のためには必要なこともあるのだ。


これをナイフでワシワシと解体する。筋の境目にうまいこと刃を入れれば簡単にバラすことができるのかもそれないが、なかなか素人技ではそうもいかない。古の包丁人とは違うのだ。


かなり、手を脂でベタベタにしながら解体完了。あとは手づかみで「食らう」だけだな。

2020年12月20日日曜日

今年も冬至に「ゆず湯」

 毎年のことではあるのですが、今年も縁起物ということで、冬至の日の「ゆず湯」。

なぜ冬至の日に「ゆず湯」なのか?を調べてみると、「ゆず」そのものは香りが強いので、邪気を払い、運気を呼び込むために使うようなのですが、それ以外は「冬至=湯治」「ゆず=融通がきく」といった語呂合わせのようですね。

ゆず湯には、庭の「ゆず」を使います。


自生しているものなので、潤沢に収穫します。大きさもまちまちで、種は多いですが、まあ自家用なので気にしません。

これを大量にお風呂に投入。生のゆずの香りはかなりキツイですが、入浴剤と違ったワイルドな感じがたまには良いですね。


冬至の日には、ゆず湯と同じく、かぼちゃを食するのが風習なのですが、こっちのほうは江戸時代の冬季に新鮮なままで手に入れることのできる野菜として食べられたのでは、ということぐらいしか調べられませんでした。このあたりは、もう少し掘り込んで調べる必要がありますね。



2020年12月7日月曜日

スープジャーのお弁当 鶏雑炊

 最近は職場のお弁当の宅配が人手不足のために中止となっているので、自作のお弁当を持ち込んでいる。

とはいうものの、小難しい料理はできないので、スープジャーを使った予熱調理専門の「雑炊」がメイン。

本日は、市販のヒガシマルの調味料を使った鶏雑炊。

作り方は

①スープジャーに熱湯をいれ加温

②5分ほど温めたら、お湯を捨て、温めておいたご飯を投入

③生卵を割り入れて、かきまぜる。さらに、ヒガシマルの「雑炊の素」を投入。ネギ、タラコとかをいれてもよいですね。

④まだ容器が暖かいうちに、熱湯を注ぎ入れてかき混ぜ、蓋を締めて保温。

⑤朝調理し、昼食時までの4時間半ほど予熱調理。こんな感じになります。

生米から調理すると雑炊っぽいのですが、生煮えになるのが嫌なので、炊いたご飯をつかっているので、雑炊というよりは柔らかい「おじや」のような状態になってます。まあ、消化にはよいので良しとしましょう。



2020年9月11日金曜日

「ワーケーション」を企業移転・移住促進の視点でとらえることに違和感を感じる

 2020.09.02付けのYahooニュースで「東京の中心から淡路島へパソナ本社勤務1200人の大移動 ネットでは不安の声も「実質的なリストラ?」」と題して


人材サービス大手のパソナグループが、9月から段階的に東京都・千代田区にある本社の主要機能を、瀬戸内海東部の離島・淡路島に移すことを発表し、話題になっている。兵庫県の島で、行くには神戸や大阪から橋を渡って車で約1時間。たまねぎや魚介類など、数多くの食材があることで有名だが、ここに本部機能に携わる社員約1800人のうち、1200人を移すという。


といった記事が掲載されていました。


「淡路島」はかなり大きな島で神戸や大阪にも近く、自動車道も本州や四国とつながっているので「離島」という表現はちょっと誤解を招くかな、とは思うのですが、いずれにせよ、東京の大手派遣会社の本社機能の多くが多数の社員とともに「地方の田舎」へ移転する、ということには間違いないと言っていいと思います。


本社を東京から移転するというのは、東京への一極集中を是正するとともに、地方へ法人税などの税源を移すことになりますし、さらにパソナさんは小豆島と多くのかかわりを持ているということなので、僕がどうこういうことではないのですがということではないのですが、今回の事例が「ワーケーション」「リモートオフィス」の延長線上で論じられているのがちょっとひっかかった次第です。。


というのも、「リモートオフィス」「ワーケーション」というのは企業がまとまって集団移動するという概念ではなくて、あくまでも、社員それぞれが自分の趣向にあわせて働く場所を選ぶという「個人志向」に根差すものではないかな、と思うからですね、

「集団行動」ではなく「個人行動」。パックツアーではなくて「ソロツアー」みたいなイメージです。


なので一部の自治体で元気をだそうとしていたり、政府が推奨をはじめた「ワーケーションの誘致・推進」というのは、形を変えた「企業誘致」「企業移転」の別バージョンにすぎなくて、今回、新型コロナウィルスの感染拡大で一挙に加速していったDXの動きとはちょっとずれてんではないかな、と思っているのであります。特にワーケーションに興味がある都会企業と協定したり、協議会をつくって呼び込みを組織的にやろうってのは最悪な感じがします。ワーケーションでどこに行くかを選ぶのは、企業じゃなくて、個人だろっってなところですね。


今、うねりのようになっている「DX」の動きは、生活様式や生活に関する考えをガラッと変えるもの、例えば、今までセットであった「職」と「住」を分離したり、「働く場所」を企業の所在する場所から切り離すといった、人の存在を場所への束縛から解放する、というように考えているので、むしろ一定場所への集団移転、都会から地方への集団移住ではなくて、都会へ集中させている「縄」のいくつかが消えて、一部がバラっと彷徨い始めろうようなものだと思ってます。


なので、それはどこに行くかわからないし、どこかに永住することがセットになっているものでもない、そんな感じです。


もちろん、「職」と「住」が分離するということは産業革命以降の大きな価値転換には間違いありません。しかし、住むところを「職」から解放するということは、「定住する」ということ自体からも解放することにつながっていて、「ワーケーション」が象徴するところを、移住定住、東京からの一極集中是正のベクトルだけでとらえることは、「住む」というリアルが、「デジタル」の中に取り込まれていき、どこに住むかということが重要でなくなってしまう流れを見逃してしまうような気がするのですが・・・。


2020年8月16日日曜日

アウドドアに挑戦:豚バラ塊でスモークドポークをつくった

 最高気温が40度に届こうかという中、アウトドアがブームを迎えつつあるようです。街中では「三密」になる環境にならざるをえないし、かといって、自宅に引き籠もっているばかりでは鬱屈が貯まるということであるでしょうか。

ただ、当方のブックレビュー・ブログのアウトドア・コミックはアクセスが伸びている印象がないので、アウトドアの裾野が広がったというより、今まで海とか観光地に出かけていた子供連れの層が流れているだけかもしれないですね。

とはいうものの、当方も籠もってばかりでは沈鬱になってしまうので、初めて「豚バラの燻製」に挑戦してみました。今まで、鶏肉や魚肉といった初心者レベルのものは挑戦済みなのですが。「豚肉」は初挑戦です。

では始めましょう。

2020年8月15日土曜日

一坪家庭菜園のトマトにカラスよけ対策を講じてみた

 トマトやきゅうり、ナスを栽培している一坪家庭菜園に、最近、カラスが出没し始めました。熟れそうになっている収穫物をくちばしでつついて穴をあけるという悪行を繰り返し、しかも、大玉のトマトを狙っての反抗という悪辣さです。しかも、てっぺんのところが売れているところを人間様に先駆けてつついているんで、まだかなーと全体が熟れるのを待っていることらの希望を見事に打ち砕くわけですね。

そして、穴があいたので地面に放っておいて、残りのところが熟れてくると、残りを全部食ってしまうという行為がまた怒りを誘うわけですね。

このため、あれこれネットで調べて、周囲を「テグスで囲う」という防御策をとることにしました。

カラスは自分の羽が傷つくのが嫌な上に、学習能力が高いので、一度羽に影響がでそうなことを覚えるとそれ以降近寄ってこなくなる、という情報を信じての対策です。

真偽のほどは疑わしかったのですが、今のところ、被害は減少しています。(もっとも、早めの収穫をするようにしたので、そのせいもあるかも)。収穫のほうも三人家族が毎日食すほどはほそぼそと続いています。



今年は効果のほどを検証して、うまくいくようなら来年以降、本格的に導入してみようかな、と思っている次第。まあ、自家製のトマトで、これで生計を立てているわけではないので、少しぐらい、カラスにわけてもいいのかもしれないのですが、黙って食ってくってのがシャクに触るわけで、カラスとの「戦い」はまだまだ続きそうです。

2020年6月6日土曜日

今年の初物 ミニトマト

今年の春は、トマトとかきゅうり、ナスの植え付けが終わったかと思ったら、コロナ禍で外出自粛のところが増えたせいか、家庭菜園の手入れのほうも、かなりマメにやっている。
ただ、マメに手をかけると作物のほうもそれに応えてくれとうかどうか、というのは別物のようで、きゅうりの苗の生存率が悪い、とか、ピーマンの苗の成長が遅い、とかゴーヤの芽が出ん、とか、それなりにトラブルはある。

昨年は長年勤めていたところを辞しで、他の職場に移ったせいもあるのか、夏野菜を植え付けはしたのだが、気もそぞろで手入れどころか、水遣りのほうもないがしろという状態だったので、今年こそはと思うだけは思っている。

で今年の初物となったのが、このミニトマト。一個だ。


他の実はまだ青々としているのに、一つだけ結実して、どんどん熟れてきたもので、周囲のことなどお構いなしに、自分のペースで大きくなった。

まあ時代の先駆者というのは、こういうものだろう。

せっかくなので、当方が独占して食した。寿命が75日延びたかどうかは定かではない。